• home
  • concept
  • lineup
  • gallery
  • aftercare
  • price
  • access
  • contact
  • blog

blog

2016 Spring&Summer

DRAPERS-ドラッパーズ‐

ご無沙汰しております。

TagliArteの佐々木です。

 

HPの変更と同時にしばらくブログより遠ざかっておりましたが、
再度更新を頑張りたいと思っております。

 

気温が暖かくなったり寒くなったりと忙しい雰囲気もありますが
TagliArteでは、すっかり春夏モードです!!

 

3月に入り本格的に、春夏物が動き出しており、多くのお客様からご注文を頂戴しております。
誠にありがとうございます。

 

まだ、お仕立てになられていない皆様
お花見の予定を立てる前にTagliArteへの訪問予定を立てましょう!!笑

 

今年気になる服地を少しだけご紹介させて頂きます。

 

DRAPERS-ドラッパーズ‐
DRAPERS #3729 W100/230gms

 

まずは、スーツ生地。

 

グレンチェック…ウインドーペン等々ここ数年トレンドとしてあがっておりますが
ISAIA、KITONあたりのコレクションでよく見られたカラフルなオーバーペンのコレクションが
やっとオーダーにも入ってきた!!という感じです!!

 

DI PRAY
DI PRAY #136ZS540 W51*C30*NY19/240gms

ここからはジャケット生地。

 

FERLAというブランドの服地でしか登場していなかった素材感の強いジャケット生地が
他のブランドからも登場です。
MPやGIGI、PETRILLO等でも使われている服地です!!

 

 

SUBALPINO
SUBALPINO #SP60171/SP60172 C96*PU3*NY1/210gms

 

お次は、夏の定番サッカー地。

 

今月号のLEONにも掲載されていましたね。
サッカーには、通常コットンかシルクで100%の物が多いですが、
こちらは伸縮性もありより着易くなっております。

また、従来の無地のイメージを一新し、一足早く『ストライプ』のジャケットを
手に入れたい方に非常にオススメです。
カーディガン感覚でショーツに合わせるも良し
リネンのシャツの上に羽織、白デニムなんかで合わせるも良し
『必要なのはお金ぢゃなくて、センスです。』

 

 

 

ARISTON
ARISTON #P012-15 W65*S20*L15/260gms

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、ARISTON。

 

DRAPERS同様、カラーのウインドーペンが印象的です。
同時にグラウンドが
トーンの違う色を用いて織られており、リネン独特の柔らかさもあいまって
非常にオサレな雰囲気が醸し出されております。

こちらのジャケットは、既にご注文頂いておりますので
また、仕立てあがり次第、インスタかBLOGにてアップしたいと思います。

今、オーダーを悩まれている方も多くいらっしゃると思いますが
『大切なのはお金ぢゃなくて、センスです。』

それに追加して

『キーワードは、素材感と立体感』

 

Kazutaka Sasaki
BespokeTailor TagliArte

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です